FC2ブログ

ウイルスで30億、マネルス、サンラインズ合同会社島倉健は本物?詐欺?評判・評価・レビュー - 2017年情報商材 詐欺?口コミ!レビュー!ネットで稼げる本物の商材を探せ!

ウイルスで30億、マネルス、サンラインズ合同会社島倉健は本物?詐欺?評判・評価・レビュー




こんにちは かずま です


もう少し大阪見学して来たかったですが
予定通り1日だけで帰って来ました


うーん、たこ焼きが・・・たこ焼きが・・・w


いつも思う事ですが僕は基本旅行が好きなので
ふとした事で旅行や観光に触れてしまうと
気持ちがグラグラと揺れてしまいます(笑)


記事の更新もサポートもほっぽらかして・・・・
フラフラと気の向くままに・・・


なぁんて^^;


まぁ後、半年以上は派手な遊びは我慢ですかね・・・


という事で帰ってきたらクソオファーが
また溜まっていたので拾っておきますか(笑)


gomi.jpg



マネルス島倉健とは一体何なのか?



mane.jpg


特定商取法に基づく表示
販売業者 サンラインズ合同会社
運営責任者 島倉健
所在地 〒921-8163
石川県金沢市横川5-441-302
電話番号 080-6364-7143
※お問い合わせはEメールでお願いいたします。
Eメールアドレス info@red-turn-blue.com
※お問い合わせはEメールでお願いいたします。
URL http://townpage-business.com/seminarm/index.html

オファーURL http://manerus.com/seminar/index.html

まずこのオファーページは販売者がKENとしか
説明が出てこず誰やねん?という感じですが
特定商取引法に基づく表記を見たらありました


島倉健という名前ですね
この方マーケッターKENという方で当ブログにも
過去この商材で登場しております


過去の商材の記事



タウンページアフィリエイトというオファーで
以前流されていました


そして今回の表記にも前回と同じURLが
打たれています
つまり焼きまし商材ですね



名前は違うけど中身は同じという事です


ウイルスっぽくマネルスなんて言っていますが
中身はもちろんウイルスなどではありません(笑)
まぁスパム的な手法を使うのでしょう



詳しくは過去記事に書かれているので気になる方は
読んでみてください


今回のオファーページでその概要が予測出来るので
稼げない矛盾点を探って行こうと思います


ノウハウとしては着眼点は面白いと思うものの
店名+地域名などの○○+地域名がキーワードの
PPC広告を打つ

ツールを使ってそれらの店舗候補を抜き出して
誘導サイト(ページ)を量産する
+googleアドセンス


ツールを使ってスパム的広告をばら撒く

まぁこんな所でしょう
実際の所は収入源をgoogleアドセンスに
頼っている所もあるでしょうし
収益も実店鋪の紹介となると通常のアフィリエイトよりも
収益性は悪いと言わざるを得ません


そのサイト経由で仮にお客さんが訪れてお店に
お金を落としていっても1000円使って10円あるかないか
そもそも前回も書きましたがぐるなびなどの
大手紹介サイトにはツールで作った様な店舗紹介レビュー
サイトでは勝てません


googleアドセンスも1%~3%と言われています
画面に制限のあるスマホに紹介リンクとアドセンス広告を
近づけて貼ってクリックさせようというノウハウでしょうけど
ワンクリック20円~30円と言われるアドセンス収益で
100人サイトに訪れて見込める収益が平均で60円程度でしょう



PPC広告の原価が仮に1円だったとしても
収益的には赤字です
そして東京都内の繁華街などの激戦区は当然PPC広告の
単価は1円じゃすまないですよね


どう転んでも赤字は必至です
後はサイト経由でお客さんがお店に訪れる事頼みになる訳ですが
上述した様にぐるなびなどの大手サイトとは
信用もユーザーの利便性も天地程の開きが
ある訳です



このノウハウの骨格はgoogleアドセンスの誤クリックを
誘発する所にあるのでしょう
そういう手法を使うであろうニュアンスがオファーページに
書かれています

mane1.jpg


私の経験じゃないと言っていますがひとしきり
googleからスパム判定を受けたメール画像などを
見せたその後は

mane2.jpg


こんな経験をしてきた私だそうです


まぁ私だろうと私じゃなかろうといいですが(笑)
発想がスパム的発想な訳です


ツールを開発したりするそういう努力や時間を
まっとうな方向に向けるという発想は無かったのか
ちょっと不思議ですね^^;


PPC広告でライバルが少ない○○+地域名にしても
もういろんな教材やセミナー、高額塾で提唱されてきた
今となっては定番のノウハウですし
そういう物も今や出尽くした感があります


まぁスマホの画面表示の範囲の狭さを利用して
アドセンスを誤クリックさせようという発想も
スパム的発想ですし


今回、特定商取引法の表記に唯一載せているだけで
オファーページ事態にはマーケッターKENとしては登場
しませんし
販売者の紹介も無いオファーページになっています


そして推薦人は今まで僕がこのブログで
叩き切って来た人だらけ


ウイルスみたいな奴がウイルス仲間と手を組んで
ウイルスの様なオファーページを出して来たという事です
騒ぐ事ではありません(笑)


オファーページに登場しないあたり自分をウイルスと
認識しているだけ可愛いですね(笑)



もう説明するまでも無いと思いますがこのマネルスは
オファーの名前を変えただけの焼きまし商材であり
販売者すら登場しないという一点でどういう商材か
あなたにも分かると思います


本当にレターに歌われる誇大広告の様になるのであれば
名前を変える必要は無い訳です
つまり再現性は限りなくゼロに近いでしょう


そして後ろに控えるバックエンド商材は398000円という
とんでもない程高額なバックエンドです


当ブログではこの詐欺商材に近づく事を一切お勧めしません


では 今日はこの辺で かずま でした


関連記事